薪以外の準備

薪ストーブを快適に使う為に、薪の乾燥は絶対です。というお話は以前にいたしましたが、薪が乾燥していても、それだけですと、実は着火しづらかったり、うまく温度をあげられないことがあります。

効率よく着火させる為には、専用の着火剤と、焚付けを準備されることをお勧めいたします。

着火を新聞紙や段ボールなんかでしてませんか?

実は、これ、ストーブにはあまり良くありません。特に二次燃焼をするタイプのストーブは、細かい部分などに燃かすが詰まってしまうことがあるからです。

焚付けも準備しておくと、着火が楽ですし、短時間で適温まで温度を上げることができます。

樹種は、着火が用意な針葉樹などがお勧めです。また、建築木材などもいいですよ。

安全に焚付けを作る為に、”キンクラ”をお勧めしてます。太さ4cm x4cm位がいいですね。

子供でも安全に作業できますので、お子様に焚付け作りをお願いしても楽しいですね。

Ryo Carpentry

木の家と小屋作り 薪ストーブのある暮らしのお手伝い

0コメント

  • 1000 / 1000