木の家

森に帰れる家を作りたい。

森に帰れる家を作りたい。

近年の住宅。技術の進歩と共に、建材も進歩し、断熱性や気密性が向上され、快適な住宅が建てられるようになりました。

また、今まで必要とされてきた、維持費用を抑えられるような耐久性に優れた、腐食しない建材が好まれるようになり、次第に、木が使われることが少なくなってきました。

近年の住宅には、安価で、腐食しない、プラスチック製品や、鉱物系製品などが、多量に使用され、またその廃棄物も大量に排出されます。排出されたゴミは、腐食しづらいように作られた建材の廃棄物ですので、簡単には自然に帰ることはないでしょう。

また、それらで建てられた家も同様ではないでしょうか。

家も、いつか役目を終えるときがくるかもしれません。その時、解体されるにしろ、そのまま朽ちて行くにしろ、自然環境や、生物たち、子供達に出来る限り、負担が少ない建物。大げさに言うならば、そのまま、森の一部に帰って行くような。

そんな家を作っていけたら、と思っております。




・ハンドカットログハウス ・マシンカットログハウス ・ポストアンドビームログハウス ・ティンバーフレーム ・ダブテイルノッチ